New Article

心身医学の登場した背景

メガネの医者

心療内科は、社会的な要因が心に負荷をかけることで身体的に病床が見つからないまま症状が現れる患者を専門に扱っています。心療内科に属する心身医学が登場した背景は、ストレスの多い現代社会が関係しています。

より詳細へ

心療内科は身近なもの

走りだすスーツの人

緊張やストレスで腹痛などの症状が出てしまうことがありますが、これらも心身症の症状です。心身症はとても身近に起こる病気と考えられており、心療内科は必要性の高い分野と言えます。

より詳細へ

心身症の治療方法

オレンジ色の人型実体

心身症と診断された場合には、心療内科で治療を行う必要があります。担当医との信頼関係や症状への理解、ストレス軽減のためのカウンセリングなど、内科的な治療と心のケアを融合させた治療を行ないます。

より詳細へ

似て非なるものという認識

心療内科と精神科の違い

心療内科や精神科など、心の健康を守るための医療機関は多くありますが、その内容までをしっかりを理解している人は実は少ないのです。心療内科も精神科も同じようなものだと考えてしまう人が多いですが、正確には違うものとして定義されています。心療内科が専門に治療を行っているものは心身症と呼ばれるものです。心身症とは身体が不調を訴える身体疾患ですが、怪我や病気によって身体的な症状が引き起こされるわけではなく、精神的な不調が身体的な症状を引き起こしています。社会生活が密接に関係して身体に症状が引き起こされることを意味しているため、会社でのストレスや家族との問題も社会的な要因と捉えることができます。ストレスが関係しているならうつ病なども心身症なのか、と考えてしまいますが、うつ病は精神科の管轄です。心身症は心の不調だけを解決することを目的としているわけではないのです。心身症を治療する心療内科は、身体的問題と精神的問題の両方を解決するだけでなく、社会的なストレス要因も含めて総合的に見て解決策を模索していくために存在しているのです。それとは違い、精神科は精神的な疾患の患者を治療するために存在しています。理由が無い不安な症状や苛つき、不眠や被害妄想など、心が病気になることで引き起こされる症状を専門に扱っているのです。

内科の一分野として捉える

心療内科と精神科は似て非なるものなのです。心療内科は、通常受診する機会が多い内科の一つの側面と捉えても良いでしょう。内科にも色々種類がありますが、消化器内科や神経内科などと同様に、心療内科は内科の中の専門的な分野を扱うものとして考えると混乱は避けられます。心療内科を担当する医師は精神科とは違い普通の内科医です。そのため、心療内科の医師でも風邪などの症状を診察することはできます。一般的な内科の症状を診ることができつつも、心療内科という専門分野の担当医をしているのです。また、精神科では精神科医が治療を行ってくれます。近年、患者数が増加傾向にあるうつ病を筆頭に、様々な精神疾患を治療するための機関です。心が疲れやすいと言われる現代では、知らずにストレスを抱えてしまっている人がとても多いとされています。ストレスの発散方法を意識して実践していたり、時間が空いたときに趣味でストレスを発散できている人は良いのですが、悩みをストレートに受け止めすぎてしまう真面目で実直な人はストレスを溜め込んでしまいがちです。少しずつ昇華することで精神の安定は図れるのですが、発散する術を持たない人はどんどん心に負荷を掛けてしまうことに繋がります。こうしたことが積み重なり、精神疾患として表面化してくるのです。心療内科と精神科の目的や治療対象を知ることで、自分の心が疲れてしまったときに適切な治療を受けられるクリニックを選択することができるようになります。

Recommend Article

心療内科で診察する精神病

カウンセリングを受ける女性

心身症を治療するための心療内科には、精神疾患の患者が受診に訪れることがあります。あくまでも身体的な症状がある人に多くは断定されており、精神科とのボーダーラインをしっかりと定めています。

より詳細へ

精神疾患の代表格

笑う女性

うつ病の患者はとても多いですが、そのメカニズムはまだまだ解明されていないのです。うつ病は真面目で完璧主義の人が陥りやすい傾向があり、身体的な症状と心の症状のどちらの症状も引き起こすとされています。

より詳細へ

繰り返されやすい精神病

笑顔の女性

うつ病の症状は繰り返し引き起こされることがわかっています。精神科で治療を行ってもまた再発の可能性はありますが、自分への改善点を見つめなおす良いきっかけになります。

より詳細へ

両面を併せ持つ双極性障害

元気のない男性

双極性障害には躁うつ状態と軽うつ状態があります。これら二つの状態は特に大きな変化がないのですが、細かく見ていくことで違いを見つけることができます。抑うつとは違い、ポジティブで明るい症状が特徴として挙げられます。

より詳細へ